包茎治療の料金は相見積もりで比較

包茎治療の料金は保険医を使うと保険適用

陰茎の亀頭が包皮で覆われたままの状態で、包茎には真性とカントン、仮性の3種類があります。
真性包茎は鬼頭がでないカントン包茎は陰茎の狭窄により血液の流れが阻害されるなど症状の違いがありますが、包茎治療では保険適用のある手術方法には、背面切開術と環状切除術の2種類があり、真性とカントンの2つは保険医に受診を行った際には保険適用を受けることができます。
しかし、仮性包茎の症状での包茎治療には保険適用がありませんので、治療費は全額自己負担です。
料金は安い方が良いけれども安い料金設定だと包茎治療の品質にも影響があるのではないか、しっかりとした包茎治療を受けられなかったり失敗するのではないか、このような不安を抱く人も多いといえます。
料金が安いと失敗するリスクが高くなる、これは一概に正しいとも間違っているともいえるものではないのですが、包茎治療の相場は症状や手術の難易度により5万円~30万円です。

難易度が低い包茎治療も相見積もりで料金比較

仮性包茎は、他の包茎と比べると自分で包皮を剥いて亀頭を露出させることができる症状で、包茎治療の難易度は、軽度なものから簡単にできるのでリーズナブルな料金で手術を受けることもできるようです。
ただ、その料金が単に包皮を切除するだけのものであるのか形成術など美的なデザイン料が含まれるのか、これは別の話です。
見た目を気にしないのであれば切除だけの包茎治療でもいいけれども、切除したことで男性器の見た目が悪くなってしまう傷跡が目立つなどのケースもゼロとはいい切れません。
その料金にはどのようなものが含まれているのか、明確にすることが大切です。
また、包茎治療を行っている医療機関は多数あるので、その中から治療経験が豊富な病院をいくつか選択して相見積もりを利用して安いところを見つけましょう。
これにより、成功率が高く満足ができる包茎治療になり、リーズナブルな料金でコンプレックスの解消ができるメリットに繋げることができます。

まとめ

包茎治療の料金相場は、5万円から30万円といいます。
料金差があるのは包茎治療はその症状で手術の難易度が変わるためで、仮性包茎は手術の難易度が低く他の2つは難易度が高めです。
また、この料金相場には美容形成術が含まれる場合と含まれない場合がある、これは仕上がりの品質の決め手となるもので、包茎におけるコンプレックスに付加価値を付けるものです。
相見積もりを利用すれば、それぞれの病院での費用比較ができます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。